わかる!みつかる!あなたの保険. ほけん百花

保険金にかかる税金について

年齢別自己負担割合

便宜上、契約者と保険料負担者は同一人であるとの前提で記載しています。
課税関係をみるときは、名義上の契約者にかかわりなく、実際に誰が保険料を負担していたかで判断されます。

(※1)支払いを受けるべき年金の評価額に対して相続税が課税されます。

(※2)支払いを受けるべき年金の評価額に対して贈与税が課税されます。

(※3)各年の年金収入金額を所得税の「課税部分」と「非課税部分」に振り分け、「課税部分」にのみ所得税が課税されます。また雑所得の金額は、「課税部分」の年金収入金額から対応する支払保険料を差し引いた金額となります。

(※4)所得税の課税対象は、各年の年金収入金額となります。また雑所得の金額は、年金収入金額から対応する支払保険料を差し引いた金額となります。

● 記載の内容は、平成29年7月現在の税制によります。今後、税制の変更に伴い、記載の内容が変わることがあります。